ベンジャミン・フランクリン「13の徳目」


ベンジャミン・フランクリンの「13の徳目」をご存じでしょうか?
フランクリンが「13の徳目」を考えるに至った動機はこうです。

自分はいかなるときでも、正しい行動が確実にできるという自信をもつためには、まず第一にそれに反する習慣を打破し、つづいて良い習慣をつくって、しっかりそれを身につけなければならないという結論に達したのだった

そしてフランクリンは実行すべき良い習慣を13の原理原則にまとめ、手帳にチェック欄をつくり、毎日実行できたかどうかを記録したそうです。「良い習慣は手帳から始まる

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目とは?】

1.節制 頭が鈍るほど食べないこと。酔って浮かれだすほど飲まないこと。

2.沈黙 他人または自分自身の利益にならないことはしゃべらないこと。つまらぬ話は避けること。

3.規律 自分の持ちものはすべて置くべき場所をきめておくこと。自分の仕事はそれぞれ時間をきめてやること。

4.決断 やるべきことを実行する決心をすること。決心したことは必ず実行すること。

5.節約 他人または自分のためにならないことに金を使わないこと。すなわち、むだな金は使わないこと。

6.勤勉 時間をむだにしないこと。有益な仕事につねに従事すること。必要のない行為はすべて切りすてること。

7.誠実 策略をもちいて人を傷つけないこと。悪意をもたず、公正な判断を下すこと。発言するさいも同様。

8.正義 他人の利益をそこなったり、あたえるべきものをあたえないで、他人に損害をおよぼさないこと。

9.中庸 両極端を避けること。激怒するに値する屈辱をたとえ受けたにせよ、
一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。
10.清潔 身体、衣服、住居の不潔を黙認しないこと。
11.平静 小さなこと、つまり、日常茶飯事や、避けがたい出来事で心を乱さないこと。
12.純潔 性の営みは健康、または子孫のためにのみこれを行なって、
決してそれにふけって頭の働きを鈍らせたり、身体を衰弱させたり、
自分自身、または他人の平和な生活や信用をそこなわないこと。
13.謙譲 キリストとソクラテスにみならうこと。
【ベンジャミン・フランクリンとは?】
政治家、文筆家、発明家、科学者、印刷業者。
ボストンのろうそく製造業者の家に生まれ、
12歳で兄の営む印刷所に奉公に入る。
その後、フィラデルフィアに移り、
印刷の仕事に携わりながら文章の錬磨に努める。
買い取った新聞社から出版した暦が好評を博し、財をなす。
やがて経営をパートナーにまかせ、
化学、学術の分野での活動、
政治活動に専念した。
1776年の「独立宣言」の起草では
ジェファソンを助けた。
(参考資料:『フランクリン自伝』中央公論新社)

9.中庸 両極端を避けること。激怒するに値する屈辱をたとえ受けたにせよ、一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。

10.清潔 身体、衣服、住居の不潔を黙認しないこと。

11.平静 小さなこと、つまり、日常茶飯事や、避けがたい出来事で心を乱さないこと。

12.純潔 性の営みは健康、または子孫のためにのみこれを行なって、決してそれにふけって頭の働きを鈍らせたり、身体を衰弱させたり、自分自身、または他人の平和な生活や信用をそこなわないこと。

13.謙譲 キリストとソクラテスにみならうこと。

【ベンジャミン・フランクリンとは?】
政治家、文筆家、発明家、科学者、印刷業者。
ボストンのろうそく製造業者の家に生まれ、12歳で兄の営む印刷所に奉公に入る。
その後、フィラデルフィアに移り、印刷の仕事に携わりながら文章の錬磨に努める。
買い取った新聞社から出版した暦が好評を博し、財をなす。
やがて経営をパートナーにまかせ、化学、学術の分野での活動、政治活動に専念した。
1776年の「独立宣言」の起草では、ジェファソンを助けた。
(参考資料:『フランクリン自伝』中央公論新社)

フランクリン自伝 (中公クラシックス)
価格:
Benjamin Franklin
中央公論新社(2004-12)
売り上げランキング: 4584
おすすめ度の平均: 4.5

4フランクリンはすごい
4300年前にこんな男がいたとは
5勤勉という言葉の体現者
5人との接し方に深く言及している
4徳の身につけ方

人生を幸せへと導く13の習慣
価格:
Benjamin Franklin
総合法令出版(2003-10)
売り上げランキング: 14088
おすすめ度の平均: 3.5

5「十三徳」の分かりやすい入門書
4フランクリンの13徳
3文庫版ならよかったかも
2全体的に物足りない

ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア
価格:
藤本 隆一
産能大出版部(1996-11-11)
売り上げランキング: 77098
おすすめ度の平均: 4.5

5僕はこの本に救われました。
4現実的かつ実用的な資産運用ハウツー
4支出の意志決定を支援する『支出優先順位の窓』
5個人のファイナンシャル・プランニングの最適な入門書!

若き商人への手紙
若き商人への手紙

posted with あまなつ on 2009.12.04
価格:
Benjamin Franklin
総合法令出版(2004-01)
売り上げランキング: 62633
おすすめ度の平均: 3.5

3相手のイイタイコトの本質を見極める力が必要な本
4あらゆる場面で有効な格言集
2節約大事。
5ビジネス書の古典的必読書
4『「若き商人への手紙」byベンジャミン・フランクリン』にありがとさんきゅっ♪v(*’-^*)^

幸福実現のための フランクリン・メソッド
価格:
ハイブロー武蔵
総合法令出版(2009-04-27)
売り上げランキング: 104399

Follow me!


収益の80%を毎日配当で還元する「CROSS exchange」

取引所で仮想通貨の売買を行うと、”取引手数料”を支払います。その”支払った取引手数料の額”に応じて、”取引手数料と同額”もしくはそれ以上の、取引マイニングコイン(XEX)が付与されます。

XEX保有者には、取引所収益の最大80%が毎日収益分配されます。さらに、XEXは売却も可能。つまり、XEXを保有していると、インカムゲインとキャピタルゲインを得られます。

取引をして手数料を払うだけの取引所と取引をすると収益分配を受けられる取引所。

どちらを選びますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

【宗教の目的】