ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略

ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略

マスメディアに取って代わろうとしているソーシャルメディア革命が進行しています。

Facebookをはじめとして、Twitter・Ustream・Youtube・LINE・Linkedinなど他にも多数のソーシャルメディアが出現してきています。Facebookにおいては全世界で10億人、日本国内で1,735万人(2012年9月)を突破しました。

若者があまりテレビを見ないようになり、ネットから情報収集する方々が増えているのも事実です。これからの時代を見据え、ホームページ・ブログに加えて、ソーシャルメディアでの情報発信(ホームページやブログとの連動)やお客様との交流が欠かせない時代となってきております。

人がいるところにビジネスチャンスがある」のは周知の事実です。

ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと』という本も出版されましたが、マスメディアからソーシャルメディアへ人が移動してきています。また、アメリカではソーシャルメディアマスターなる職業も求人の対象となり、各企業でソーシャルメディアを活用できる人材が重宝されています。年収も高いようです。選挙戦でもオバマ大統領がソーシャルメディアをフルに活用して、当選・再選を果たしているぐらい影響力は高いものになっています。

日本でも徐々にそのような時代がやってきています。先端的な企業はこの重要性を理解し、ソーシャルメディアに力を入れ始めています。今こそ、ソーシャルメディア革命の一歩前を走りませんか?

しかしながら一方で「ソーシャル疲れ」「時間泥棒」ということも言われています。

それは、ビジネス活用を前提としてソーシャルメディアを利用している方に多いのです。交流が楽しいから、ついついはまってしまうソーシャルメディアですが、時間ばかりが取られてしまい、成果が出せずにいる人が案外多いのも事実です。

結果が出ない理由は、本文で詳しく記載させていただくとして、ビジネスの結果が出ないソーシャルメディアは意味が無いと思いませんか?

それでは、ソーシャルメディアをやめれば済むということではありません。一時的に時間がかかろうとも、時代に逆行するのではなく、ソーシャルメディアを活かしていく術を身に着けていくことが新しい時代に対応した行動ではないでしょうか

当レポートにおいては、ソーシャルメディア時代に結果を出すために必要な考え方や仕組みについて、ご説明させていただきます。

是非ともWEBマーケティングネットマーケティング)の参考にして下さい。

ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」を読まれたい方は、【無料】ですので、以下のフォームより「顧客感動創造倶楽部(原理原則マーケティング)」にご登録下さい。

都道府県

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術

私の個人ブログ「販売とマーケティングは真逆の行為!」の「販売とマーケティングは真逆の行為!」Google+コミュニティです。是非ともご参加下さい。更新情報や有益情報が届きます。


収益の80%を毎日配当で還元する「CROSS exchange」

取引所で仮想通貨の売買を行うと、”取引手数料”を支払います。その”支払った取引手数料の額”に応じて、”取引手数料と同額”もしくはそれ以上の、取引マイニングコイン(XEX)が付与されます。

XEX保有者には、取引所収益の最大80%が毎日収益分配されます。さらに、XEXは売却も可能。つまり、XEXを保有していると、インカムゲインとキャピタルゲインを得られます。

取引をして手数料を払うだけの取引所と取引をすると収益分配を受けられる取引所。

どちらを選びますか?