人間学の月刊誌『致知』の【人間力・仕事力が確実にアップする致知出版社メルマガ】より

坂村真民先生の言葉です。

明治、大正、昭和、平成と
生きてきて
いくつかの危機に直面したのが
顧みると
国民の士気というものがあり
危機は回避された
ところが平成7年の危機
国民に士気なく
金、金、金、すべては金という
かつてない民となり
亡国のきざしが
いよいよ深くなった感がする

敷島の大和の国
その民
民に課された
宇宙的な使命を知れ

明治生まれの真民先生は、 日本の一番の危機はいまだとおっしゃっていますね。

詩集 念ずれば花ひらく
詩集 念ずれば花ひらく

posted with amazlet at 09.09.19
坂村 真民
サンマーク出版
売り上げランキング: 17755
おすすめ度の平均: 5.0

5 オン・マニ・ペーメー・フン(ああ蓮華上の宝珠よ)
5 他人や自分に腹が立つときに
5 心地よい詩
5 座右の書として最高の詩本
5

ユニテ

わたしが
ねがうのは
ユニテ(一致)
どんなに
ちがったものでも
どこかで
一致するものがある
それを見出し
お互い
手を握り合おう

坂村真民一日一言―人生の詩、一念の言葉
坂村 真民
致知出版社
売り上げランキング: 5362
おすすめ度の平均: 5.0

5 生きてる事さえ有り難い事
5 全ての人に読んでいただきたい1冊
5 どこを見ても胸が痛いです
5 書道をされる方にもお薦めです
5 一遍智真