これは非常に深遠な言葉だと思いました。

なぜなら、私たちが苦しむのは、現状の状態で苦しむのではなく、「かくあるべき」という姿と「現状の状態」のギャップで苦しむのです。

つまり、「社長はワクワクして前向きに生きなければいけない」と思っていたら、「心配だなぁ?」となった瞬間に「これじゃいかん!」となってしまいます。

しかし、松下幸之助さんは「社長は心配するために存在しとるんじゃ」と語ってくれているわけです。
それを受け入れた上でやりがいを持たねばならん」と伝えています。

これは、まるで「死ぬことを受け入れた上で生きねばならん」と伝えている世界の叡智とも共通することがあるのではないか、と思うのでした。

社長になる人に知っておいてほしいこと
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1010
おすすめ度の平均: 4.5

5 人生の基本
5 確固たる経営理念の元に危機を乗り切る
5 三日坊主、四日目から、また三日坊主。
3 真意が伝わっているのかな

リーダーになる人に知っておいてほしいこと
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 535
おすすめ度の平均: 4.5

4 自己観照の大切さ
5 「今日一日素直な心で無事にいかせでください」(本文P22)
5 公的立場の職に就く人の考え方を説く,特に素直であれと!
5 得るものが多い
5 高僧の悟りのごとく心を清める言葉の数々