「自分にとって理想のお客様とは、どんなお客様だろう?」

商売をやる上で、自分にとって理想の顧客像を明確にしている人は、実はそんなに多くない。

自分が本当に大切にしたい顧客像を明確にした瞬間から、無駄の無い経営ができるようになる

そして、その理想のお客様にどうやったら満足してもらえるのか、徹底的に追求していくことが大切

?「稼ぐ思考術」 小谷川拳次 365日語録 ?より

ザ・コピーライティングシークレット
ネット集客のルール
ソーシャルメディア大富豪の教え

これらを広める仲間を探しておられます→http://bit.ly/iGcKmb

これを決めることが本当に大切です。
ホームページ戦略の肝とも言える「ネット集客」にも、「理想のお客様」像の明確化が重要になってきます。

「理想のお客様」像が明確だから、そのお客様が検索してくるキーワードが明確になります。
「理想のお客様」像が明確だから、ホームページの内容を、どんな言葉や画像で表現したら良いかが明確になります。
「理想のお客様」像が明確だから、Facebookページの情報発信内容や交流の仕方も明確になります。

例えば、「うどん屋」さんの場合は、地元客なのか遠方から来るお客様かによって、アクセスキーワードが違うし、ホームページの表現方法も変わるでしょう。
「うどん」の製麺機をさがしておられるお客様の場合でも、安ければ良いのか、少しぐらい高くても品質が良いものを選びたいのか、それよりも商売の支援をしてくれるところがいいのか、によっても検索してくるキーワードやホームページの内容もガラリとかわるでしょう。

それぐらい、「理想のお客様」像をイメージ化は大切な事です。
そして、「理想のお客様」が満足(できれば感動)するようなことを追求していくような仕事の積み重ねをしてまいりましょう

顧客感動創造倶楽部」へのご登録(無料のメルマガ)下さい。特典として「顧客感動創造マーケティング」のシナリオをご説明した資料である『顧客ポートフォリオ理論導入+顧客感動サービス提供によるファン顧客倍増→利益が自然に出る仕組みを創る「顧客感動創造マーケティング」のシナリオ?真の顧客感動追求・貴社の恒久的繁栄に向けて?』を、ダウンロード可能です。セミナーとか勉強会などを催しても行きたいと思います。




「顧客感動」で売上をのばす方法
価格:
中経出版(2009-01-28)
売り上げランキング: 442566
顧客感動マーケティング (チャンピーの実践経営セミナー―マーケティング編)
価格:
藤井 清美
日本経済新聞出版社(2009-09-09)
売り上げランキング: 445901
ITで創る感動経営―顧客満足=従業員満足の仕組み
価格:
商業界(2004-02)
売り上げランキング: 670655