昭和63年に肘の故障で戦列を離れたヤクルトの荒木大輔投手。
平成4年に復活を遂げ したが、映像はその年の初めに放送された「ギミアぶれいく」の特集です。




■荒木大輔 1541日 地獄のバケーション
平成4年、優勝争いの最中に復活を遂げた荒木投手。映像は「驚きももの木20世紀」のものです。

初球はストレート―荒木大輔物語

今、人生の中でどん底の皆様へ

荒木大輔は、1541日(4年2ヶ月強)耐えましたし、自分と戦いました。
3度の肘の手術、椎間板ヘルニア、幾多の試練が荒木大輔を襲います。
それを乗り越え、見事復活した荒木大輔の「伝説の夜」。
荒木大輔に学びましょう!

人は試練や苦難の中で人格が向上し、魂が成長していきます。
そして、夢を信じて、乗り越えて行きましょう!