八正道


メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」より


八正道」の項目を列記してみよう。

1.正見(しょうけん):正しい見方
2.正思(しょうし):正しい考え方
3.正語(しょうご):正しい言葉
4.正業(しょうごう):正しい行為
5.正命(しょうみょう):正しい生活
6.正精進(しょうしょうじん):正しい努力
7.正念(しょうねん):正しい念慮
8.正定(しょうじょう):正しい瞑想

これらを知識として知っているだけでは悟りへの修行にならない。
宇宙のルール「縁」を味方にするためには我欲中心の生き方を改める必要があるわけで、日常生活でそれを実践せねば意味がない。
従って、もう少し掘り下げて内容をみてみることにしよう。

●1.正見(しょうけん)・・正しい見方のこと。

ものごとを四諦(苦集滅道)で認識することが「正見」である。
いつまでも我欲中心で生活していると、結果として起こる様々なことがらに対していつも一喜一憂することになるだろう。
そのままでは、いつまでたっても思い通りにならないし、「苦」から逃れることはできないのだ。

だが、この世の一切が「縁」(かかわりあい)でできていることを認識することによって、周囲の結果を変えたければ自分のかかわりあいを変えればよいだけだと気づく。
そうしたものの見方をするのが「正見」、正しい見方なのである。

お客も業績も部下も、何もかもが「正見」でみれば、苦しむ必要なんかさらさらなく、縁(かかわり方)を変えれば良いだけなのだ。
そうした経営観や人生観を忘れずに持っていたいものである。

●2.正思(しょうし)・・正しい思いのこと

思うことと口に出して言うことと、それを実際に行動することとは別なのだが、その根っこは同じである。
むしろ、思うことからすべてが始まるので「正思」を持つことが決定的に重要である。

「正思」とは、無欲・無恚・無害の思いをもつこと
仏教的なややこしい言葉だが、つまり、日常的な我欲財欲色欲飲食欲名誉欲睡眠欲等の五欲)や、誰かを攻撃したり、悲しませたりする独善的な行動を改めようと思うことである。

今あなたが思い願っているその夢や目標は、どのような思いを出発点にしているのか、という問いかけをしてみよう。
その動機が我欲のものになっていないかどうかで、その後のフィードバックがまるで変わってくる
「苦」をもつ必要がなくなるのだ。

動機善なりや?私心なかりしか?」ということである。
それは道徳的な意味で問われているのではなく、宇宙のルール「縁」的な意味での問いかけだと考えよう。

●3.正語(しょうご)・・正しい言葉のこと

「正語」とは、妄語を離れ、綺語を離れ、両舌を離れ、悪口を離れることである。
この世は縁でできているので、ウソ、ホラ、お世辞、二枚舌、自慢話、悪口、陰口、他者批判などをしていると、そうしたことが自分にもかえってくる

社長は他者批判言い訳をしていないか。
根拠のない言葉や数字だけが踊ってほら吹きになっていないか?

いつも矛盾のない一貫した発言をしているか。
安請け合いして、あとで誰かを失望させることをしていないか。

●4.正業(しょうごう)・・正しい行いのこと

「正業」とは正しい業(カルマ、行為)を行うこと
殺生を離れ、不与取(盗み)を離れ、愛欲を離れ、愛欲における邪行より離れ、生活のすべてにおいて戒律を守った行動をすること。

ブッダは弟子に対して食事の仕方やトイレの仕方まできびしく指導したが、正しい行いをすることで心も正されてくる
異性に対してよこしまな思いでみない。
我欲にとらわれた仕事や生活をしない。
特に職場は神聖なところと考え、勤務の妨げとなるようなものはもちこまない。

●5.正命(しょうみょう)・・正しい生活のこと

「2」?「4」にある三つのことを日々の生活で実践すること。
つまり、正思・正語・正業の生活を営むこと。
それは、「無明」を離れ、「邪命」を滅する方向に動いてゆく生活である。
毎日の生活そのものが悟りへの修行である。

社長は、「貪・瞋・癡」を目的にした生活を離れ、早く起きて早く仕事を始め、一生懸命仕事をして、早く帰宅し、勉強して早く寝る
それを淡々とくり返すことに喜びを感じられるようになること

●6.正精進(しょうしょうじん)・・正しい努力のこと

「正命」の生活はマンネリを意味するものではない。
むしろ、心を緊張せしめ、ひたむきな努力が求められる。
自分の本業において緊張感ある努力を続けることである。

常に行じて退せざるを正精進という
これがやがて四正勤(ししょうごん)として、すでに起こった悪不善を断ずる努力、未来に起こった悪不善をおこさないように努力すること。

社長は、終始一貫した経営改善のための向上心ある勤務姿勢と勤務習慣をもっているか。

●7.正念(しょうねん)・・正しい念慮のこと

目的をピンポイントに定め、迷いの気持ちがなくなってきた状態
邪念を廃し、正しい念慮にのみ心を集中して、記憶し、それをかたときも忘れないこと。
「正思」も「正念」も、ともに心の働きをいうが、「思」のほうは、意思、つまり、行動を起こす前の段階をさし、「念」のほうは、実践行動のなかで思いを強く保持することをいう。

社長は、どこでなにをしていても、正しい理想や理念を片時も忘れずにいるか

●8.正定(しょうじょう)・・正しい瞑想のこと

思考を停止し、座禅・瞑想すること
それによって、瞬間瞬間を生ききることを知る。
それができること自体がすでに八正道を実践している証でもある。

このように、八正道は自己完成と悟りへの道だが、これを「中道」と言う。
中道とは「道の中」(みちのなか)と書くが、ホドホドという意味の中間を意味するのではない。

道に中る(みちにあたる)と読むのが正しい。
つまり中道とは道(真理)に中る(発見する)こと

そのためには、思考や観念にとどまらず、良かれと信じたことをガムシャラに実践行動することである。
常に理想を念頭において、真理をもとめ、その都度最善と思えることを猛烈に実践し、その中で自らがハッと気づくこと、それが悟りであり「中道」という言葉の意味なのである。

八正道のこころ―釈迦が説いた救いと調和の原点
真説・八正道―自己変革のすすめ
宇宙法則の八正道―自我の闇から愛の光道へ

●以上の『八正道』をベースにしているのだろうか。
かつての海軍学校(現在の海上自衛隊幹部候補生学校)が広島の江田島にある。
この学校の教えが『五省』であり、内容が『八正道』とよく似ている。

一.至誠に悖る(もとる)なかりしか
一.言行に恥ずるなかりしか
一.気力に欠くるなかりしか
一.努力に憾み(うらみ)なかりしか
一.不精(ぶしょう)に亘(わた)るなかりしか

これを毎日5分間、全員が勢揃いして自らを省みる。それをひたすら毎日続けるという。
一本一本の糸は子供の手でもちぎることができるが、糸が何本、何十本、何百本にもなると、もう絶対ちぎれない。
それどころか、50万トン級の巨大タンカーをもつなぎ止めるロープになる。
それが習慣の偉大な力であり修行の賜なのである。

反対に、人間の「十悪業」というものもある。

1.「貪」(とん、むさぼりのこころ)
2.「瞋」(じん、怒りのこころ)
3.「癡」(ち、道理をわきまえない愚かさとグチのこころ)
4.「邪淫」(じゃいん、肉欲だけで異性と交わること)
5.「殺生」(せっしょう、生き物を殺すこと、残酷なこと)
6.「偸盗」(ちゅうとう、人のものを無断で盗むこと)
7.「妄語」(もうご、つくり話・うそ・大げさ)
8.「綺語」(きご、真実にそむいて巧みに飾り立てたことば)
9.「悪口」(あっこう、人を悪く言うこと)
10.「両舌」(りょうぜつ、その場その場で調子のよいことを言い、矛盾やウソになること、二枚舌)



メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」より





社員75名で売上460億のノウハウ「顧客感動創造マーケティングを知りたくありませんか?
お問合せやご相談などございます方は、「顧客感動創造倶楽部」へご登録(無料のメルマガ)下さい。
特典として「顧客感動創造マーケティング」のシナリオをご説明した資料である

『顧客ポートフォリオ理論導入+顧客感動サービス提供によるファン顧客倍増→利益が自然に出る仕組みを創る「顧客感動創造マーケティング」のシナリオ?真の顧客感動追求・貴社の恒久的繁栄に向けて?』

を、ダウンロード可能です。
勧誘などはいたしませんので、ご安心下さい。コラム配信やセミナーとか勉強会などのご案内は差し上げます。



動画塾2010年お年玉プレゼント


ベストオブダンケネディ【無料】






Follow me!


収益の80%を毎日配当で還元する「CROSS exchange」

取引所で仮想通貨の売買を行うと、”取引手数料”を支払います。その”支払った取引手数料の額”に応じて、”取引手数料と同額”もしくはそれ以上の、取引マイニングコイン(XEX)が付与されます。

XEX保有者には、取引所収益の最大80%が毎日収益分配されます。さらに、XEXは売却も可能。つまり、XEXを保有していると、インカムゲインとキャピタルゲインを得られます。

取引をして手数料を払うだけの取引所と取引をすると収益分配を受けられる取引所。

どちらを選びますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください