今日の次には明日が来て、その先にも新しい日が待っている。そうやって、当たり前のように人生はつづいていく。
しかし、これから先もずっとつづくと思っていたその人生に「終わりの時」があると知ったとき、あなたは何を考えるだろうか――。

2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。ハイテクの街として知られるこ の地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った 。
教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。バーチャルリアリティの第一人者と称される人物だ。最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、実はこのとき、彼には長年親しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。膵臓から肝臓へと転移したガン細胞 。医師から告げられた命の刻限は「あと3カ月から半年」。

こうしてパウシュの最後の授業は始まった。スクリーンに映し出された演題は『子供のこ ろからの夢を本当に実現するために』。それは、学生向けに講義をするふりをしながら、 まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった――。

アメリカではネット動画にアップされるやまたたく間に600万ものアクセス数を獲得し たという、心揺さぶられるメッセージ。

■ランディ・パウシュの「最後の授業」書籍版

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 11
おすすめ度の平均: 4.5

5 【家宝】となる書籍
5 「人は二度死ぬ」、では人は二度目の”生”のために何を遺せるだろう?
5 壮大な「頭のフェイント」
2 人其々の生き様がある。
5 実はビジネス書風味、啓蒙効果大なり

最後の授業 ぼくの命があるうちに
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 440

パウシュは聴衆に語りかける。
「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。
レンガの壁がそこにあるのには、理由がある。
僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。
その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」。

■ランディ・パウシュの「最後の授業」1〜9








ランディ・パウシュの「最後の授業」特設サイト
全米で大きな話題となっているランディ・パウシュの「最後の授業」。
その講義の全編をみなさんにご覧いただくために、「最後の授業」上映会を7月6日(日)に六本木のアカデミーヒルズで行います。講義の臨場感が伝わる大型スクリーンで、映画を観るような感動をぜひ、ご体験ください!
日時:7月6日(日) 14:00〜15:45 (上映時間:約80分)
場所:六本木アカデミーヒルズ 49F カンファレンスルーム
map:http://www.academyhills.com/map/index.html