平生(へいぜい)からおよそ善い物善い人真理善い教善い書物、何でも善いもの勝れているもの尊いものには、できるだけ縁を結んでおくことです。


これを勝縁といい、善縁といいます。


とにかく、折角善い人に会い、善い書を見、善い話の席につらなりながら、キョトンとしたり、欠伸(あくび)をしたり、そっぽを向いたりしている人間はだめであります。


うつけ者です。


大体そういう人間なら、諸君は決して事を共にしてはいけない。


そういう人間を友にしてはいけない


むしろ何でもないようなことでも、耳を傾けたり、眼を光らせる人であったら、何か見どころのある人間なのです


もちろん形骸(けいがい)は眠っておるようでも、魂が輝いておる人もおりまして、凡眼ではなかなか見わけがつきません。


安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
価格:
致知出版社(2006-05)
売り上げランキング: 18287
おすすめ度の平均: 5.0

5安岡先生のお言葉をかみしめる
5忙中、閑有り
5まさに座右の書
4難しいがチャレンジして読んでみるべき本
5「自分から」を思い知らされた。



社員75名で売上460億のノウハウ「顧客感動創造マーケティングを知りたくありませんか?
お問合せやご相談などございます方は、「顧客感動創造倶楽部」へご登録(無料のメルマガ)下さい。
特典として「顧客感動創造マーケティング」のシナリオをご説明した資料である

『顧客ポートフォリオ理論導入+顧客感動サービス提供によるファン顧客倍増→利益が自然に出る仕組みを創る「顧客感動創造マーケティング」のシナリオ?真の顧客感動追求・貴社の恒久的繁栄に向けて?』

を、ダウンロード可能です。
勧誘などはいたしませんので、ご安心下さい。コラム配信やセミナーとか勉強会などのご案内は差し上げます。